医療最前線 脳梗塞

1.脳梗塞とは?

脳の血管が閉塞することにより、その灌流域の神経細胞が壊死に陥り、種々の神経症状を呈する虚血性の脳血管障害をいいます。これには血管壁が内腔から詰まっていく脳血栓と心臓など他部位にできた血栓が流れて末梢血管を塞ぐ脳塞栓があります。虚血性と出血性(脳出血、クモ膜下出血など)を合わせた脳血管障害は、悪性新生物、心疾患についで、日本人の死亡率の3位を占める疾患です。

2.どのような症状が出ますか?

どの血管が閉塞するかによって症状が全く異なります。片側の運動麻痺、半身感覚鈍麻、構音障害(呂律が回らない)、嚥下障害(むせる)、運動失調(歩行時のふらつき)、眼球運動障害(ものが二重に見える)、視野障害(片側の視野狭窄で、両眼に現れるが、片眼のみのこともある)、浮動性めまいは比較的多い症候ですが、失語症(名前が言えなくなる)、読み書き障害、失行(携帯電話が使えなくなるなど)、健忘症などの高次脳機能障害もよく出現します。梗塞の範囲がある程度大きいと、意識障害を起こします。このようなときは、たいてい血圧が上がっています。また痙攣をおこすこともあります。

3.治療法は?

発症2週間以内の急性期とその後の慢性期とで、治療が異なります。発症4.5時間以内の超急性期は、血栓溶解剤(組織プラスミノーゲンアクチベーターと呼ばれるもの)で経静脈的に血栓を溶解する治療法の適応があります。発症6時間以内ならカテーテルで血栓を回収するやり方、8時間以内でしたら局所血栓溶解療法などの血管内治療の道がありますが、行える施設が限られています。発症4.5時間以降は、血栓溶解剤を使うと、出血を起こす確率が高くなります。そのため血栓溶解剤は使えず、これに代わってこれ以上梗塞域を広げないように、抗凝固剤を点滴するのが主体となります。慢性期は血栓形成を予防するため、抗凝固剤(心原性塞栓の場合)か、抗血小板剤(血栓の場合)の経口内服が必要です。

4.検査方法は?

頭部CT、頭部MRIがあれば、十分です。発症3時間以内はCTでは梗塞が低吸収域(黒ずんでくる)として現れないため、MRIが常時とれる体制になっていることが重要です。MRIの拡散強調画像という撮像方法をとれば、CTではわからない微小梗塞もとらえることができます(厳密にはとらえられないこともあります)。

5.脳梗塞にならないためには?

高血圧(140/90以上)、糖尿病、脂質異常症(LDLコレステロール180以上)、不整脈(心房細動)、喫煙、過度の飲酒などは脳血管障害の危険因子となりますので、該当する方は日頃の生活習慣を見直しましょう。

出典:『三友新聞』(2016年3月31日発行、三友新聞社)

関連リンク

櫻井 靖久 (神経内科 部長)

櫻井 靖久神経内科 部長

1986年
東北大学医学部 卒業
日本赤十字社医療センター 神経内科 研修医
1988年
東京大学 神経内科入局
1990年
東京大学医学部附属病院 神経内科
1996年
三井記念病院 神経内科 科長
2006年
神経内科 部長
2008年
福島県立医科大学 神経内科 非常勤講師
学会認定
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本認知症学会認定専門医・指導医
日本医師会認定産業医
専門分野
高次脳機能障害
神経内科疾患全般
  • 三井記念病院TOPページヘ
  • 求人一覧
  • お問い合わせ

ページの先頭へ