医療最前線 胆のう結石症・総胆管結石症

1.胆石症とは?

胆石のおおもとである胆汁とは、体内の老廃物や有害物質が肝臓で代謝・解毒されてできたコレステロールや古くなった血色素(ヘモグロビン)が主成分です。これに肝臓で合成された胆汁酸とともに水分と溶け合ったものが胆汁の本体です。通常は十二指腸に流れて便と一緒に体外に排出されますが、胆汁の排泄路である胆管や胆のうの中で胆汁成分が固まってできたものが胆石です。これによって生じる病的状態が胆石症です。結石が胆のう内にある場合は「胆のう結石症」、総胆管内にある場合は「総胆管結石症」と区別しています。コレステロール胆石は前者に多く、色素結石(ビリルビンカルシウム石・黒色石)は後者に多いです。

2.症状は?

「胆のう結石症」の症状としては、腹痛・悪心・嘔吐などがあります。腹痛は胆石発作と呼ばれ、特に脂肪に富んだ食事をした後に起こりやすいといわれています。ただし、こうした症状は、胆石を持っている患者さんの約半数に生じるといわれています。「総胆管結石症」では胆汁の通過障害により黄疸や肝機能障害が出現することがあります。

3.胆石を持っていると、胆のう癌になりやすい?

現在のところ、胆石が胆のう癌の発生にかかわりがあるという報告と、あまり関係がないとする報告の両方があります。いずれにせよ、胆石がある場合は定期的な検査を受けることが勧められています。

4.治療法は?

無症状の「胆のう結石症」の手術適応については古くから議論されています。諸検査で胆のう壁が十分に評価できる症例では手術の必要はありませんが、年に1回程度の経過観察が勧められています。一方、何らかの症状を有する場合や胆のう壁に所見がある場合の治療としては、胆のう摘出術を行うことが推奨されています。ただし、手術を希望しない場合は、適応があればウルソデオキシコール酸による経口溶解療法や体外衝撃波破砕療法を行うこともあります。胆のう摘出術には開腹手術と腹腔鏡手術の2種類あります。いずれも、胆のうを摘出する点では同じですが、後者の方が身体への侵襲が少なく、術後の回復も早いとされていて手術を行う場合の第一選択になります。「総胆管結石症」の場合は、無症状でも積極的に治療を行います。第一選択は内視鏡的結石摘出術で、その方法には「乳頭切開術(EST)」と「乳頭バルーン拡張術(EPBD)」があります。

5.検査法は?

胆石の検査方法として一般的なものは、「腹部超音波検査(腹部エコー検査)」、「CT検査」、「MRCP検査」があります。腹部エコー検査は簡便で胆石以外に胆のうの壁に腫瘍性の病変がないか確認するのに有効です。MRCP検査は、胆のう管や総胆管の情報を得るのに適しています。

出典:『三友新聞』「医療最前線」(2017年2月23日発行、三友新聞社)

関連リンク

小林 隆 (消化器外科 部長・がん診療センター センター長)

小林 隆消化器外科 部長・がん診療センター センター長

1992年
東京大学医学部 卒業
東京大学医学部附属病院 外科 研修医
1993年
社会保険中央総合病院 外科
1995年
東京大学医学部 肝胆膵外科・人工臓器移植外科
1998年
竹田綜合病院 外科
1999年
東京大学医学部 肝胆膵外科・人工臓器移植外科
2002年
公立昭和病院 外科
2011年
都立広尾病院 外科
2013年
三井記念病院 消化器外科 科長
2014年
消化器外科 部長
2015年
がん診療センター センター長(兼任)
学会認定
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会認定肝胆膵外科高度技能指導医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)
専門分野
消化器外科
腫瘍外科(特に肝胆膵外科)
  • 三井記念病院TOPページヘ
  • 求人一覧
  • お問い合わせ

ページの先頭へ