座談会 三井記念病院の外科研修の全てを話します!

*参加者 外科後期研修医5年生
*カッコ内(出身大学・初期研修先)
渡辺 晃大(愛知医科大学・三井記念病院)
内山 大輔(順天堂大学・三井記念病院)
久保 賢太郎(鹿児島大学・三井記念病院)
東野 旭紘(東京大学・聖路加国際病院)

3人の方が初期研修先に三井記念病院(以下、三井)を選んでいます。その理由はズバリ?

久保
学生時代から外科医志望、初期研修先もそれを視野に考えました。そんなとき、三井の外科でチーフレジデントとして勤務していた大学時代のバスケットボール部の先輩から、「三井なら初期・後期研修の5年間の外科コースがあるし、若いうちからいろいろ責任を持って病棟管理などもできるぞ」と誘われたのです。親しい先輩の言葉で信頼できましたし、同じ職場で学べるのも楽しみでした。

渡辺
僕もなるなら外科医と思って研修先を探していました。

いろいろ情報を集めると、久保先生と同じで5年間で一人前の外科医になれ、後期研修では早いうちから執刀医の経験が積める、さまざまな症例を経験できるとわかって決めました。

内山
母校は順天堂大学、三井とはご近所で外科の優秀さは伝わってきましたし、多くの先輩が研修先として選び、「指導体制がしっかりしている」などと聞かされ、やはり外科を志していたので魅力的でした。

「外科医をめざすなら三井」と考えて初期研修先に選んだ3人。後期研修先としても迷いはなかった? 後期研修から入職した東野先生はなぜ三井に?

渡辺
先ほど申し上げたとおり当院で5年間かけて一人前の外科医になるつもりだったのですが、ほかの病院への興味もあって見学はしました。でも、心惹かれるところはありませんでしたし、見学先の皆さんから「同じ環境で5年間しっかり学んだほうが、より一貫した外科のことが理解できるよ」と正直なアドバイスをいただきました。

久保
初期研修のマッチングの時点から、5年間の外科コースで学ぶ予定でしたし、初期研修も充実していたので迷いはありませんでした。

内山
一般外科の専門医資格取得には、バランスよくさまざまな科をまわる必要があるのですが、三井にはその環境がありました。それに、心臓血管外科をめざしており、同科のラウンドが3年目にあったので、ワクワクしながら後期研修が始まるのを待っていただけです(笑)。

東野
実は、三井の初期研修医の選考試験も受けていたのです。学生時代は、外科か内科で迷っていて、「外科なら三井」と思っていたのですが、まだ決心がついていなかったこともあって、前の病院に行きました。ただ2年間のローテーションで、やはり自分には外科が合っていると感じ、三井で後期研修を行うことにしました。

後期研修は、実際どうでしたか?

久保
アナウンスどおり、外科の一般的な手技や知識を身につけられていると感じます。今、消化器外科をまわっているのですが、初期研修医を指導する機会もあって、教えられながら教える身でもあるのが楽しいですね。

渡辺
けっこうガンガン言って指導する先生が、元気がないとガラッと変わって、励ましてくれる――。医局は和気あいあいの雰囲気で、疲れも吹っ飛びます。

内山
手術などで僕が抱く悩みと、スタッフレベルの先生のそれは、どうしても違ってきます。そこを1年上、2年上の年の近い先輩にフォローしてもらい、疑問や悩みをストレスなく解消できていますね。

東野
基本的には5年間の外科コースであったので、途中からになるとハンディになるのではと不安でしたが、同期も先輩も分け隔てなく接してくれ、指導医の先生方には負担がかからないような配慮のもと、3年で同期たちと変わらないレベルにまで引き上げていただきました。

研修生活で印象に残っていることをお聞かせください。

内山
心臓血管外科を志望するようになったのは、医学部入学直前に祖母が急性大動脈解離となったのがきっかけでした。

僕が3年目のとき、同じ大動脈解離の緊急の手術があり、2年上の29歳の先輩が執刀するという。驚きました。こんなに早く、手術ができるんだ。努力と機会があれば、そういうチャンスが巡ってくるのだと実感した瞬間でした。

東野
当院で初めてオペ室に入ったときのことは忘れられません。病院も変わったばかりでしたから、かなり緊張しました。

久保
印象に残っていることではありませんが、とにかく同期の仲がいい。東野先生と今日は出席していない初期研修先が自治医科大学の中村先生は後期からの仲間ですが、そんな時間差は関係なく、5人の同期が互いに、ときには親友、ときにはライバルとなる中で、毎日楽しく過ごしています。

渡辺
久保先生と同じで、同期の仲が良く、愚痴ったり、ともに勉強したりといった何気ない時間が貴重に思えます。きっと振り返ったとき、今を印象深く思い出すでしょう。

後期研修後、先生方はいったいどんな将来像を描いているのでしょう。

久保
初期研修先に三井を紹介してくれた先輩が、「チーフレジデントまでは同じ病院で学ぶほうがよい。そこまでで一区切りかな」と言っていたので、引きつづき当院で消化器外科のチーフレジデントをめざします。

渡辺
以前より外傷手術や先天奇形の小児の手術に興味があったので、もう少し三井で経験を積み、形成外科医になりたいと考えています。残念ながら当院には同科がないので、いずれはその分野で腕を振るえる病院に行くつもりです。

内山
心臓血管外科を学ぶには最高の場所。三井に残って土台を固め、いくつかの病院で経験を積んだあと、いずれは地元の静岡県に戻り循環器分野で貢献したいですね。

東野
心臓血管外科志望なので、トップレベルを行く三井で勉強をつづけます。外科には複数の留学先のコネクションがあり、多くの先輩が留学しているので、そういうキャリアパスもあるのかなと考えているところです。

渡辺 晃大外科後期研修医5年生

出身大学:
愛知医科大学
初期研修先:
三井記念病院

内山 大輔外科後期研修医5年生

出身大学:
順天堂大学
初期研修先:
三井記念病院

久保 賢太郎外科後期研修医5年生

出身大学:
鹿児島大学
初期研修先:
三井記念病院

東野 旭紘外科後期研修医5年生

出身大学:
東京大学
初期研修先:
聖路加国際病院

ページの先頭へ